2014年6月13日金曜日

第1回三重県当事者会連絡会議を開催しました


6月10日の午後、第1回三重県当事者会連絡会議を開催しました。当日は蒸し暑い日でしたが、県内当事者会の代表などが参加して下さいました。

最初に今年度の当事者会連絡会議の活動趣旨について確認をしました。精神障害者当事者の医療・行政に関する要望書を県の担当部署に提出することをめざし、当事者のニーズを集約することが目標です。今年度は、さんかれんが県に家族の要望書を毎年11月頃に提出するのに合わせ、作業を進めていくことになりました。

会議では、アンケートの配布方法や、アンケートの項目、今後の作業の計画について検討がなされました。記入する人にアンケートの趣旨が伝わりやすいようにする表現や、記入するスペースを確保するためのレイアウトの工夫についても話し合いました。

また、メンバーの日頃の当事者会の活動で感じていることや、地域生活における行政への要望についても意見交換がなされました。当事者として感じることは多岐にわたり、予定していた時間を過ぎているのにも気づかない程、充実した時間となりました。


終始和やかな雰囲気で、いろんな話でも盛り上がりました♪


 
 6月下旬にはアンケートの配布準備を終えて、7月中に当事者会を通じてアンケートを配布する予定です。三重県の当事者が希望をもって安心して生活できる地域づくりをめざし、精神保健福祉に関連する医療・福祉・行政に関するみなさんのご意見をどしどしお寄せください。